仕事は選べ! クラウドワークス 知っとくべき・注意とくべきこと

こんにちはAurum-DDDDです。

気づけばもう1年以上新型コロナウィルスと新しい生活様式ですごしてきましたね。

飲食業の方々は私の想像を絶する苦労をされていることと思います。

私は飲食業ではありませんが、自動車メーカーでの勤務ですので、新型コロナと半導体需要などで

取引先メーカーの操業停止、勤務先の休業などで思うように仕事が出来ないのが実情です。

人ひとそれぞれ事情は違いますが、副業などで新しい所得を考えている人も多いのではないでしょうか?

私もそう考えて、クラウドワークスを始めた一人の人間です。

実際にクラウドワークスで仕事を受注した経験から、知っておくべき・注意しておくべきことを皆様にお伝えできればと思っています。


目次


  • ・クラウドワークスについて

    クラウドワークスは株式会社クラウドワークスが運営する総合型クラウドソーシングです。

    簡単に言うと、インターネット上でアルバイトができるところ。といった感じです。</


     

    ・最初はタスク形式の仕事

    クラウドワークスに登録すると、早速仕事に取り組むことができますが、最初はクラウドワークス上の実績がありません。

    まずは誰でも作業に取り掛かることができるタスク形式の仕事を行っていくことになります。

    このタスク形式の報酬ですが、アンケートに答えって1円など、とても安価です。

    またたまに割の良いライティングの案件などもありますが、あったとしてえも1000文字程度を書いて、100円ぐらいといったものです。

    しかし、この割の悪い仕事をこなして実績を得ないとプロジェクト形式の仕事を請け負うことはできないでしょう。


    ・プロジェクト形式の仕事

    タスク形式の仕事で実績を築いたらプロジェクト形式の仕事に応募してみましょう。

    割の良い仕事に対しては、募集人数に対して多くの応募があります。実績が少なければ

    クライアントからお祈りメッセージを受けることになります。つまり仕事できません。

    プロジェクト形式といっても、日常生活ではそんなに高い報酬とは言えない額です。高くても2500円程度です。そんな仕事にも数百件の応募があり、採用されるには高いハードルがあります。


    ・コンペ式の仕事

    コンペ式の仕事とは言葉通り、採用されるか採用されないかは作品の出来次第の仕事です。

    とくにデザイン関係の仕事で多く用いられています。

    〇〇〇のデザインをお願いします。などでデザイン関係の仕事はよく募集されています。

    ここに満を持して作品を提案していきますが、周りも同じように考えて、結局は数十~数百件の作品と戦うことになります。

    タスク形式、プロジェクト形式、コンペ形式と仕事の大まかな概要を説明してきましたが、普通に会社で働くということと比べると非常に割に合わない仕事が多いです。

    時間単価あたりでいうと200円ぐらい稼げれば上出来な方といっても過言ではありません。

    もちろん、先に細かい説明は割愛していましたが、プログラミングなどは非常に高単価の仕事が多いですが、これも先に述べたように採用してもらえるかどうかはあなたの実績、提案の仕方次第という非常に不安定な職場なのです。


    仕事は選べ! クラウドワークス 知っとくべき・注意とくべきこと

    クラウドワークスで仕事を得るときに考えなければならないのは効率です。

    一人一人が利益をいかに生み出すかを考えなければいけません。

    だから無駄なこと、理不尽なことにはNOと言わなければいけません。</


    実際にいたヤバイやつ

    ・話が通じないクライアント

    たとえば、ライティングの作業ではコピペチェックというものがかなりの確率で行われます。このコピペチェックですが、やる意味をご存じでしょうか?

    もちろん、パクリは著作権の侵害に当たりますから駄目なことです。これはクラウドワークス上の話に留まることではありません。実際の刑罰にあたってしまうかもしれない内容です。だからコピペチェックに妥当性はあります。

    しかし、私が実際にあった例はCopyContentDetectorを使用した一致率判定についてです。

    このCopyContentDetector、無料で記事のコピペをチェックしてくれる優秀なものではありますが、問題なのは一致率判定です。私が請け負った仕事ではこの一致率判定を30%以下にするというものでした。

    私はネット上などの記事は見ずに0から記事を作ったのでコピペではない自信があります。

    しかしこのCopyContentDetectorでの一致率判定が34%ほどでした。

    数値上は30%を超えていますが、記事の正当性には自信があります。満を持して、納品しました。しかし検収結果は不合格。

    CopyContentDetectorの一致率判定の詳細を見ても、接続詞どころかひらがな一つが一つが一致しているとのこと・・・

    これ、何にひっかかっているのか意味がわからない。

    これで何がコピペなの?この数値と詳細をどう扱うのか疑問に感じ、クライアントに問い合わせてみました。

     

    いやいやいや、こいつ頭わりーな。

    上司にタヒねって言われたらタヒぬのかよ・・・

    話しても無駄だと感じ、無理やり、文章を捻じ曲げてでも一致率判定を下げてやりましたよ。

    そして私はアフィリエイトに関する記事を書いていたのに、照合相手のページは“

    文学作品における影響のひとつ”。正直CopyContentDetectorのロジックがわからないので深くは考えませんが、この数値だけをうのみにするのは変な話だと思います。

    というように、クライアント全員がロジカルに会話が成立する相手だと思ったら大間違いです。クラウドワークス上では、検収不合格を押されればそれで終わりの話になってしまうのです。


    ・夜逃げクライアント

    もうひとつあった事例は夜逃げクライアントです。

    この人、悪い人では無かったんです。Youtubeを始めたばかりの人みたいで、動画の文字起こしを依頼されている方でした。

    私も実績が欲しかったし、タイピング速度を売りに募集したら採用されたんです。2件程仕事をもらいました。一件あたりの仕事は200円と激安でしたが実績づくりのためと割り切って考えていました。

    連絡が途切れる。2件目を納品した後に“ありがとうございます!”と元気に返事をくれたにもかかわらず、

    それ以降一週間、待てど暮らせど連絡がありません。さすがに心配になったので、連絡をしてみました。

    結局、不通のま

    確かに、私が直接損をするということではありませんが、事業性という点では大損ですね。これって冒頭に書いた、取引先メーカーの操業停止によって勤務先の休業みたいな感じです。

    言ってしまえば、あまあまな世界です。私もクライアントをリアル世界で知っているわkではありませんし、追及することも出来ません。

    継続的な契約で予定を組んでいたのに仕事がなくなった。保障しろ!なんてこと言えるわけありません。

    だから、クライアントの信頼性というのも要注意なんです。


    ・詐欺師に遭遇

    タイピングスピードに自信があったので、文字起こしの仕事に応募しました。

    採用されたかと思うと、クライアントから来たメッセージはコレ。

    ほうほう、代理購入の仕事か・・・

    は?

    いやいやいや、だったら自分で買えばいいじゃん!!

    代理出品や、海外商品の代理購入など手間がかかるものを外部委託することで、その対価として報酬が支払われるのには理解ができますが、この場合はなぜ、外部委託するメリットがありません。

    あやしすぎる。

    そう思い、メッセージの内容をグーグル検索してみた結果、出てきました。

    集めた商品を持ち逃げされて、お金は支払わない可能性があります。至急、調査願います。(外部サイトに飛びます)

    ・無法地帯

    ヤバいやつなので、私詐欺師うし美という人を報告することにしました。

    もちろん、このうし美の言っていることが、クラウドワークスの仕事ガイドラインに違反していることを確認したうえでの報告です。

    クラウドワークスに違反報告。

    これは詐欺案件だなという疑問が確証になりましたし、仕事ガイドラインに違反しています。こうした輩はほおっておけません。いざ、天誅。

    私は魚拓をしっかりとったうえで、クラウドワークスに違反報告を行いました。

    結果、一か月以上待っても、クラウドワークスからの応答はなし。しかもこのうし美、まだアカウントが存在しています。え・・・これって詐欺の場を設けられてね?さすがにそこまでは言いませんが、詐欺目的で接触機会を欲している人からするとクラウドワークスは絶好の場所です。これは要注意。なぜその仕事に報酬が発生するのか。つじつまがあっているかしっかりと考えて仕事に取り組みましょう!!

    結局のところ、クラウドワークスは無法地帯になっています。クライアントのモラル次第というワーカーにとって試される土地になっています。</


    ・そもそもクライアントに利がありすぎる。

    クライアントにはお金をかけずにワーカーを働かせる手段がたくさんあります。コンペ形式の場合、相場より安い金額で工数を獲得できてしまいます。

    たとえば、デザイン関係の依頼の場合、要望(ロゴタイトルやイメージ)を伝えればワーカーは考え、提案してくれます。しかも何十という、その仕事に目をつけた人が提案してくれるのです。一人当たり1時間の工数だとしても、それが10人いたら10時間分の工数ですよね。普通の会社だったらいくらでしょうか?給料のほかにも間接社員の賃金、設備費などでかなりの金額がかかっているはずです。だから自社で行うよりもクラウドワークスで仕事を出すということは安上がりなのです。

    そして、コンペということもあり、クライアントはたくさんのアイデアを手にすることができるのです。使う使わないにしろ、多くのワーカーからの提案を手に入れることができるのです。だからワーカーに報酬は支払われなくともクライアントは報酬を払ってない人にも仕事をさせることができてしまうのです。


    ・他で稼ぐ方法は?

    ブログやYoutube、SNSで手一杯ということ、クラウドワークスの一部闇に触れてしまったこともあり、最近はクラウドワークスメインで作業しているわけではありません。

    では他でどうやって稼ぐ方法があるかというと、最初からまとまった金額が欲しければ、一日からのアルバイトをお勧めします。

    趣味を活用していきたいという方にはブログやYoutubeなどをお勧めしていきます。

    結局のところ労働力VS報酬という関係でいくと割の良い職業ってそんなにないものです。

    ブログを書いている私がいうのもなんですが、正直ド短期でアルバイトをするのが一番効率的かもしれません。

    何故なら、報酬が確約されていますし、必要な労働力、労働時間もある程度推算できます。事業性を考えたときにはとても強いのがアルバイトですね。

    一攫千金を見据えるならブログもありです、最初は本当に利益なんて出ません。その点は重々承知しておいてください。


    ・まとめ

    最後まで読んでいただきありがとうございます。

    最初にお伝えした通り、仕事は選べ!に限ります。

    がむしゃらに頑張るのは良いことですが、頭なしに頑張るというのは間違いです。

    どんなことでも作業には時間がつきものですから、ゴールに向かってのマイルストーンになっていなければ無駄。つまりは怠けているも同然です。

    何よりも考えることが必要な時代になっています。自分の仕事の妥当性を常に考えて、取り組むことが副業を成功に導く近道と私は考えています。

    ここまで書いといてあれですが、クラウドワークスは悪いものではありません。たくさん勉強になることがあります。

    例えばライティングでは実際に物事を調べることから始まりますし、創作系の仕事ではスキルを養うことができます。

    ワーカーにとってはこれほど職業訓練の場が広く開かれているということはとても良いことです。

    クライアントがワーカーをうまく利用しようという試みにたいして、ワーカーは一人一人がその案件、クライアントをうまく使って上にのし上がっていこうという気持ちが大事です。


  • 👈この記事を書いた人 Aurum-DDDDです。

    DESIGN/DRIVE/DIRECTING/DIETの4柱を軸にお役立ち情報発信!

    3か月で体脂肪5%減の人/マイカーを2ランク上げる人/特徴的なデザインを描く人/素人目線が離れない人/本音すぎる人

    お問い合わせはウェブもしくはメールから:mail@aurum-d.com

    Twitter/Instagramやってます!フォローしてください!

    Twitter:https://twitter.com/AurumDDDD

    Instagram:https://www.instagram.com/aurumdddd/?hl=ja

    Youtube始めました!!:https://www.youtube.com/channel/UCHRys7wLstjwMn595HbRnqg

     

    あなたもブログ始めたいと思ったらココ↓↓↓↓(私も使ってます)